04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
お久しぶりです。

うららっこです!!
元気ですよ!

ゲームもさほどやらなくなってきた今日この頃。
ブログを更新するほどでもなく、ツイッターで好きなこと気ままにツイートして満足しておりました。


ですが・・・


ちょっと書きたいことが見つかったので、出来るだけ毎日更新していきたいとおもいます!

それは・・・



image1.jpg

我が家にまた雛が来たからです!


ちょーちっちゃい!!!
お向かいのおばさんが保護したようで、1枚のティッシュに包まれて我が家にやってきました。
私は、このとき仕事中でしたが、母から電話がかかって・・・



母「向かいのおばさんが雛拾ってきたんだけど・・・あんた育てる?」


私「もちろん育てましょう(即答)」




とはいったものの、母の情報ではスズメかツバメかもわからないらしく、
どれくらいの大きさの雛かもわからなかったので、
仕事中ももやもや笑

早く帰りたくてしかたなかった!



帰って確認すると、あきらかにスズメでした。
どちらも保護経験があるので、すぐわかったよ>w<

でも、首を怪我して、血がでており、
昼から母がずっと餌をあげようと試みたけどまったく口をあけなかったんだそうで・・・


不安でした。



雛は体が小さいので、弱っているときは時間との戦いです。
一刻も早くご飯を食べさせなければ!


というわけで、早速餌作り。






【保護1日目スタート】

◆餌に用意する道具
・すり鉢
・ストローを切ったもの(挿し餌用)
o0330030612315379336.jpg


◆初日の餌作り
・砂糖水(水100ccに砂糖小さじ1程度の比率)
・固ゆでにした卵の黄身


これだけ!

早速これで餌作り。
黄身を砂糖水で溶かしながら、ほどよい滑らかさになるまで混ぜる。
白身も混ぜても良いが、白身を入れるとストローに密着しずらくなって、餌を与えづらいので、
初日は黄身だけでねっとりした餌をつくってストローに密着させ、
とりあえず口に入れることを目標にする。


スズメは警戒心が大変強く、なかなか口を空けないみたいです。
口を空けさせることができずに、保護しても次の日には死んでしまうパターンが多いです。

スズメの保護は2回目ですが、私はどちらもすんなり口を空けさせることに成功しました。




スズメの雛に口を空けさせる方法は・・・


※実行する前に・・・すぐ口に餌を入れられるようにストローに挿し餌をセットしておくこと!

くちばしの横の黄色いところから、スプーンで砂糖水を2,3滴つける。
口の中にジワーッと入っていくと、

「ん?甘い!おいしい!」


と感じるようで、次の瞬間口を空け、ご飯くださいのポーズをします>w<
そしたら、すぐにストローを口に入れてください。


ここで注意点!

雛は自分で飲み込み方を知っています。
人間が無理やり餌や水を流し込むと、器官に入って死んでしまうことがあるようです。
口は空けさせるだけ。あとは雛のペースにあわせて挿し餌を行ってください。





そんなわけで初日の挿し餌は無事に終了しました。


雛のおうちはこんな感じです↓

image2.jpg

我が家は発泡スチロールのおうちです。
ダンボールで問題ないです!笑

とりあえず新聞紙をちぎって巣をつくり、70度くらいのお湯をいれたペットボトルにタオルを巻いて保温。
(お湯の入れ替えは大体6時間おき程度です)
熱が逃げないために、箱の上にタオルや薄手の毛布をかけたり、新聞紙をかけたりしてふたをすると良いです。


夜になると血もとまり、ピーピー言いながら気持ちよさそうに寝てました。
がんばって大きくなろうね・・・・!






【保護2日目】


image4.jpg

昨晩、妹に藁を買ってもらったので敷き詰めました^^
新聞紙より動きやすくていい感じ!
藁の香りもいい香り。

雛も元気で一安心!


2日目の朝は、白身も少し与えました。
2口くらい食べたかな・・・
もうちょっと食べなよーって思いながらも、出勤の時間だったので断念><
父に挿し餌のやり方を教えておきました。

10時と12時、15時に挿し餌するように頼みました。

10時のときは1口

12時のときは2口

15時のときは3口・・・


だんだん増えてきたようです笑



私が帰った時には、すでにそのう(首にある餌が溜まる袋)が黄身の色でまっ黄色に笑
母が挿し餌をしてて、黄色になったそのうを見て、
餌のやりすぎでおかしくなったのかとおもってびっくりしたらしい笑

image3.jpg

私が帰ってからも4口あげて、妹が帰ってきてから「きもいーwww」っていいながら2口あげたんだとか笑
やばいやばい、あげすぎ!笑


プリプリのいいうんちもでるし、本当に順調です!
気を抜かないようにきをつけます。


では、また明日!


[広告] VPS



※注意※
野鳥の雛は軽はずみに保護してはいけません。
今回は生まれたばかりの雛なので、放っておけば死んでしまうのでしかたないのですが・・・

以下、巣立ち雛についての転載
スズメやツバメやハト、その他多くの鳥は、巣から巣立つとしばらくの間、
親鳥について、飛ぶことやエサの取り方を学んでいます。
この時期は生きていくために必要なことを学ぶ大切な時期です。
うまく飛ぶことができないため、木から落ちていることもよくあります。
でも、親鳥は近くにいて子供のことを心配しています。
人がいると子供のそばに近寄れないからです。
迷子ではありません。

鳥のヒナを見つけたら、拾わないでそのままにしてください。
もしも、拾ってしまった場合はできるだけ早く元の場所に戻してください。
人が育てても、野生で生きていく方法は教えられません。
親鳥の元に返すのが一番良い方法です。
ヒナのいる場所に、ネコなどがいて危険な場合は、
近くの木の枝など、できるだけ安全な場所にとまらせてあげてください。



今回の私のように、
まだまだ未成熟なのに、なんらかの理由で巣から落ちてしまった不幸な雛を拾った場合は、
一度近くに巣がないか探し、戻してあげることを試みてください。
巣がなかったり、戻すことが不可能な場合は、野鳥の会などに相談することをお薦めします。

私は野鳥の会とか、市とか信用してないので、自分で育てますけどね!
そんな方々の助けになればと思い、ブログを書いていきたいと思います。

ダラダラと読みにくい記事になると思いますが、どうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト
2015.05.08 / +スズメ日記 /
Secret

TrackBackURL
→http://ulalaxxxtorinohito.blog14.fc2.com/tb.php/1339-3f40330d